学校長挨拶・沿革

理事長挨拶

理事長 嵯峨 実允 理事長
嵯峨 実允

「人として美しく」をモットーに
世界へ羽ばたく人材を育てます

品川エトワール女子高等学校の教育目標は、『品位・品格を身につけ、心豊かで国際感覚に富んだ人材の育成』です。
そのために、感動する心を持って勉強すること、豊かな人間関係を作ること、広い視野を持つことを学び、「人として美しく」をモットーに指導をしています。

1. 国際感覚をみがき、広い視野を持つ

品川エトワールは、イギリスとアメリカ、中国に姉妹校・提携校を持って交流しています。
留学や修学旅行、短期語学研修など海外へ行けるチャンスを多く用意し、世界を体感する機会をとても大切にしています。さらに、複数の外国人講師が語学系授業を担当しており、国際社会で通用する語学や教養、国際理解を深める教育に力を入れています。

2. 夢をつかむ、それは「自分づくり」から

しっかりした学力や資格を身につけるのはもちろん、一生の友や人生の恩師と出会い、魅力ある人間として堂々と社会に送り出したい。品川エトワールでの3年間で、将来を見つめてください。そのために、自分を鍛えてください。
夢は、待っていても、やってくるものではありません。自分で勝ち取るものです。
「自分づくり」のため、目標を達成するための勉学に励んでください。

3. 学ぶ喜び、知る楽しさ/ わかる授業

高等学校では、これまで以上に進んだ学習をすることができます。
本校は、生徒の皆さんが新しい知識に感動し、「わかる」喜びを味わえるような授業の実施を目指しています。ただし、受け身な姿勢では得られる効果も半減です。3コースに分かれたカリキュラムの中で、自分にできることを考えながら、自発的に学ぶ姿勢を心がけて下さい。

学校長挨拶

学校長 藤原 秀樹 学校長
藤原 秀樹

一歩踏み出して
新しい自分を発見してみませんか

本校では、一人ひとりが自分に自信と誇りを持てるよう、3年間の教育諸活動に教職員一同全力で取り組んでいます。高校生活には、あなたが主役になって輝けるチャンスが沢山あります。失敗を恐れず一歩前に踏み出して下さい。エトワールの先生はしっかりサポート・後押しをします。

1. 安心して学べる3年間

継続的な積み重ねが大きな効果を生み出します。そのためには、安心して学習生活に専念できる環境が第一であるとかんがえています。毎日学校に来て勉強したくなるよう努めています。

2. 多様な進路に対応した、多彩な授業を展開

高校生活の3年間は将来への基盤固めをする大切な時間になります。本校では皆一人一人の希望に沿った進路選択ができるよう、それぞれの進路に合った学習を可能にするコース独自のカリキュラムを組んでいます。夢を見つけ目的意識を持てば、学習効果は格段に上がります。自分と向き合いながらじっくり自己研鑽し希望進路を実現しましょう。

沿革

1934 (S.9) 9.19.
町田徳之助翁により、財団法人町田報徳会並びに町田報徳学舎設立。
1950 (S.25) 4.
普通科の町田学園女子高等学校となる。
1984 (S.59) 9.
創立50周年式典開催。
1989 (H.1) 7.
岩井研修寮が完成。
1991 (H.3)
アメリカ・カリフォルニアのバレークリスチャン・ハイスクールと姉妹校提携。
1992 (H.4)
中国北京市幼児師範学校と姉妹校提携。
1994 (H.6) 9.
創立60周年式典開催。
1997 (H.9) 6.
軽井沢国際研修寮が完成。
1999 (H.11) 9.
新校舎、新体育館完成。
2000 (H.12) 4.
新校名「品川エトワール女子高等学校」に変更。
2004 (H.16) 9.
学園創立70周年記念式典。
2005 (H.17) 9.
早稲田大学空間科学研究所と「マルチメディア表現コース」に
係る提携・協力契約。
2006 (H.18) 4.
「マルチメディア表現コース」スタート。
2008 (H.20) 4.
「国際コース(現 国際キャリアコース)」スタート。
2008 (H.20) 10.
イギリス・クィーンマーガレットスクールと提携。
2014 (H.26) 9.
学園創立80周年記念式典。
2015 (H.27)4.
制服デザインをリニューアル。

お問い合わせ

学校法人 町田学園 
品川エトワール女子高等学校
〒140-0004 東京都品川区南品川5-12-4

学校へのアクセスくわしく見る

03-3474-2231(代表)

03-3474-6696(入試相談室直通)

▲ ページトップへ