ニュース

救急救命講習を実施(3年生)

1/9(木)に品川消防署の監督のもと、救急救命講習が本校体育館にて行われました。
目の前に倒れている傷病者を発見したらどのような行動をとるべきなのかをケースごとに動画、実技を交えながら非常にわかりやすく説明していただきました。
IMG_5868
はじめに傷病者とはどのような人を指すのか、何を確認すべきかを知り、その後人形を使用しながらグループに分かれての実技に移りました。
心肺蘇生の手段としてまず、胸骨圧迫の方法を教えていただき、何度も繰り返し練習しました。
次に、気道確保と人工呼吸の方法を学び、胸骨圧迫と合わせて繰り返して実践しました。
具体的には胸骨圧迫を30回した後、気道確保、人工呼吸を2回施します。
IMG_5897
これを救急隊が駆け付けるまでの7~8分間は継続するということで、かなり体力を要するということが分かりました。
さらに、AEDの使い方を学びました。実際のAEDを用いて使用方法を知ることができ、貴重な体験をすることができました。
最後に気道異物除去の方法や止血の方法を学び総合的な傷病者への対応を知ることができました。

▲ ページトップへ