カテゴリー: 学校行事

秋輝祭2018「千紫万紅」が盛大に開催されました。(9/29・30)

IMG_8034 毎年恒例の秋輝祭(文化祭)が今年も9月29日(土)、30日(日)に開催されました。今年のテーマは「千紫万紅、~∞をみんなで作る~」。千紫万紅とは、色とりどりの花が咲き乱れていることを表現した言葉で、エトワールの各コース・クラスの特色を活かし、様々な展示、発表、パフォーマンスが披露されました。日曜日は台風の接近が心配され、開催が危ぶまれる場面もありましたが、開催時間中は雨風とも収まり、予定通り無事2日間開催することができました。IMG_8055

お忙しい中、本校にお越しいただいた保護者・関係者の皆様、お客様、ご来校誠にありがとうございました。

 

IMG_8420

 

【秋輝祭2018 表彰団体(お客様のアンケートを元に選定しました。】
●展示部門
1位 3年M組 「アトラクション&カフェ」
2位 1年C組 「的当て&ボーリング」
3位 1年I組 「迷路」
3位 家庭科・生活クラス 「生徒作品展示」
●ステージ部門
1位 軽音楽部 「K-ON! LIVE2018」
2位 ダンス部 「EDC Family Dance Performance」
3位 創作パフォーマンス部 「完全フリコピしたったwwww2018」
●模擬店部門
1位 3年C組 「肉巻きおにぎり」
2位 1年有志 「飲み物&アイスクリーム」
3位 2年S組 「フランクフルト」
●クラスユニフォーム部門
1位 3年M組
2位 1年M組
3位 2年M組
●クラス看板部門
1位 3年M組
2位 1年M組
3位 3年C組

以上のクラス・団体の皆様、おめでとうございます!

秋輝祭実行委員会

 

 

 

第66回卒業証書授与式が挙行されました。(3/1)

IMG_7854

3月1日(木)、平成29年度卒業証書授与式が品川区総合区民会館「きゅりあん」大ホールにて挙行されました。式当日の天気予報では、発達した低気圧が関東に接近する予報で、大雨や交通機関の乱れ等が心配されましたが、幸いにも式が始まる時間にはお天気も回復し、予定通り式を開始することができ、滞りなく式を挙行することができました。

 

IMG_7970藤原校長からは式の挨拶の中で、哲学者ニーチェの言葉を借りて、「人生は決断の連続。さまざまな問題に直面した時も、そこから逃げることなく、正面から向き合い、決断する勇気を常に持ち続けてほしい。」との言葉が送られました。問題から逃げてばかりいると、後悔だけが残る人生になる。どのような結果になろうとも、勇気ある決断は人を成長させる。どんなことからも逃げずに、後悔のない人生を送って欲しいとの思いが伝えられました。これからそれぞれの道に歩み出す卒業生たち一人ひとりに、その思いがしっかり伝わったことでしょう、

3年間を過ごした学び舎を巣立っていった卒業生たち全員の、今後のますますのご活躍と、幸せな人生を教職員一同、心より願っています。

3学年教職員

 

カナダ修学旅行現地レポート(10/30~11/4)

image10月30日(月)、国際キャリアコースとマルチメディア表現コースの2年生が修学旅行のために、カナダ・バンクーバーへと出発しました。

現地は雲一つない青空が広がり、最高気温は13℃。風も穏やかで、市内見学をするには絶好のお天気でした。

初日は港街のスティーブストンでランチタイム。かつてサーモン漁で栄えたこの街は、和歌山県出身のある日本人がその産業の発展のために非常に貢献した歴史があり、日本とゆかりの深い街の一つになっています。

その後、2010年バンクーバー五輪の舞台となったアリーナや聖火台を見学して、みんなで記念写真。アリーナの中はオリンピックにまつわるグッズの展示や名場面の映像が見れたりと、今ではちょっとした博物館になっていました。

image初日の最後は地元の人たちの散歩やサイクリングの場所として親しまれているスタンレーパークに寄って、バンクーバーの見事な街並みを対岸から眺めました。

image

そこにはカナダの先住民たちの伝統文化である、有名なトーテンポールも飾ってあり、生徒たちも興味深く見物していました。

街中が真っ赤な紅葉で溢れていて、どこの景色もロマンチックで心癒される景色が広がっており、生徒たちも初日ですでにバンクーバーが気に入った様子でした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

カナダ修学旅行2日目は朝早くからバスでツワッセン港へ移動して、フェリーに乗り、バンクーバーの対岸にあるヴィクトリア島を訪問。その途中で立ち寄ったクレイダーロック城は、炭鉱で財を成した個人が建てたと言われているお城風の大邸宅ですが、個人の住居とはとても思えない外観と豪華な造りで、当時の生活の様子が伺える内部の展示も、華やかな衣装や調度品の数々を見ることができ、ため息がでるばかりでした。

image島で一番栄えているヴィクトリアの市街地は観光地として発展しており、沢山のボートが止まっているハーバーの周りにお洒落なレストランやかわいいお店が点在しており、生徒たちは時間がいくらあっても足りない様子でした。

その後、街の中心にある州議事堂を訪問し、特別にガイド付きで施設の中を見学。そこは今でもブリティッシュコロンビア州の州議会が開かれている場所であり、荘厳な造りの建物自体に風格があり、生徒たちも少々緊張気味でした。バンクーバーという地名はカナダ西海岸の測量を行ったイギリスの探検家、ジョージ・バンクーバーの名前に由来するようです。

image際キャリアコースの生徒たちは今日から楽しみにしていたホームステイが始まり、みんな地元の各家庭で家族の人たちと共に夕食をとりながら、一緒の時間を過ごしました。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

カナダ修学旅行の3日目は、午前中バンクーバー市内にあるカナダNo2の有名な大学、UBC(University of British Columbia)のブックショップを訪問。そのあと、同じ敷地内にある人類博物館を見学。そこにはトーテンポールをはじめ、カナダ先住民の歴史と文化が多数の展示品と共に紹介されており、特に巨大な彫刻品の数々は圧巻の眺めでした。image

その後、グランビルアイランドでショピングを楽しみながら自由にランチタイム。もともと倉庫街だったこの街は、再開発によって生まれ変わり、今では古い建物をそのまま活かしたショップやレストランが並ぶお洒落な街に生まれ変わりました。特に今日は快晴の青空でハーバーからの眺めがとても素敵でした。

image午後からは、若者たちの街であるイエールタウンに寄ってから、地元で人気のアトラクション、フライオーバーカナダを初体験。画面いっぱいに広がる、空から眺めた壮大なカナダの景色に合わせて座席も前後左右に動き、まるで本当に空を飛んでいるような気分を味わうことができ、生徒たちも大喜びでした。image

英語を話すことにも随分慣れてきた様子ですが、明日も自ら進んで積極的に現地の人たちとコミュニケーションをとってもらいたいと思っています。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

image修学旅行4日目の午前中は、ホテルからすぐ近くのバンクーバー博物館を訪問。ここはカナダ建国100周年を記念して建てられた施設で、バンクーバーの歴史や文化を紹介する展示物が数多く展示されており、1900年代のカナダの人々の生活の様子をリアルに見ることができました。見学をする前に、ガイドさんからクイズ用紙が配られ、簡単なレクチャーを受けましたが、生徒たちはそのクイズの答えを探すのを楽しんでおり、みんな注意深く展示物を見て回っていました。image

午後からはバンクーバー市内を班ごとに自主見学。メインストリートのロブソン通りにはいろいろなお店が集中しており、近くには美術館もあり、みんなそれぞれに海外の街の散策を楽しんでいた様子でした。カナダにももちろんマクドナルドがあるのですが、お店の看板にちょっとした違いがあり、そんな日本との違いを発見するだけでも感動していました。image

最終日は荷物を整理してホテルから空港へ直行、名残り惜しい気持ちを残しつつ成田空港へ向かいました。

今回が初めての海外旅行という生徒も多い中、短い期間ではありましたが、日本とは異なる雰囲気、生活習慣、英語でのコミュニケーション、デザインや色のセンスを体験することができ、今後の英語学習に対する姿勢や創作活動に関して大きな影響を与えてくれることでしょう。

国際キャリア・マルチメディア表現コース

1 2 3 4 5 6 35

▲ ページトップへ